ローヤルゼリーと美容の関係

ローヤルゼリーと美容の関係

ローヤルゼリーというのは、蜂が食べた花粉やハチミツを体内で吸収・分解し、蜂の唾液腺と言われる頭部にある大腮腺や咽頭腺から分泌された濃厚な液体のことです。やわらかな甘みと、舌を刺すような酸味があります。
ローヤルゼリーにはさまざまな効果があり、美容によい食品として注目されています。
主な効果としては、代謝を促進し、細胞を活性化するということが挙げられます。ローヤルゼリーには必須アミノ酸が多く含まれており、肌の再生に効果的です。また、ローヤルゼリーに含まれるアピシンという成分は、細胞の代謝を促進します。さらに、活性酸素を除去する抗酸化作用もあり、アンチエイジングとして美容に効果があると言えます。
ローヤルゼリーには多くの美肌成分も含まれています。特に、パロチンは若返りのホルモンとも言われており、消化吸収を助けて筋肉や骨、内臓の成長や発育を促して若々しい身体を維持するという効果が期待できます。
また、成分の一つである10-ハイドロキシデセン酸は、間脳の働きを高め、ホルモンの分泌が促進されて細胞の活性化や免疫力を高めます。また、ローヤルゼリーにはアセチルコリンも含まれており、自律神経の調子を整える働きもあります。