ローヤルゼリーとコレステロールの関係

ローヤルゼリーとコレステロールの関係

ローヤルゼリーには、中高年になると気になるコレステロールの上昇を抑える働きも期待されています。
血液中のコレステロールや中性脂肪の数値が過剰になれば、心筋梗塞などを招く脂質異常症になる恐れがあります。
ローヤルゼリーがどのようにコレステロールに働きかけるのでしょう。

 

ローヤルゼリーがコレステロールの上昇を予防するメカニズムは?

血液中のコレステロールが高くなってしまう原因は、脂質やカロリーの高い食事を多く摂ることや、それによる肥満や運動不足です。
他に、お酒の飲みすぎや喫煙、過度のストレスなども原因となっています。
これらのさまざまな生活習慣が重なって血液中のコレステロールや中性脂肪が多くなりすぎると、生活習慣病の一つである脂質異常症になります。
脂質異常症は高コレステロール血症とも呼ばれていて、遺伝などの影響もありますが主に乱れた生活習慣が原因となっています。
この脂質異常症を引き起こす直接的な原因の一つに、肝臓でのリポたんぱく質の過剰分泌が挙げられます。
コレステロールなどの脂質は、血液に溶け込み全身に運ばれているのですが、水と脂質ですからそのままでは血液中に溶け込むことができません。
ですから脂質は、水と相性の良いたんぱく質などの成分に包まれたリポたんぱくという成分になって血液中に溶け込んでいます。
このリポたんぱく質が肝臓から過剰に分泌されればコレステロールが上昇してしまいますが、ローヤルゼリーにはこのリポたんぱく質の分泌を抑える働きがあります。

 

ローヤルゼリーのコレステロールへの効果は!?

ローヤルゼリーのコレステロール抑制の効果は、ヒト肝臓由来の培養細胞を用いた実験で証明されています。
ヒト肝臓由来の培養細胞に、酵素分解ローヤルゼリーを加えます。
そして培地中に分泌されるリポたんぱく質の量を測定します。
溶媒のみを加えた培地中に分泌されたリポたんぱく質量と、酵素分解ローヤルゼリーを加えた培地中のリポたんぱく質の量を比べてみます。
酵素分解ローヤルゼリーを加えた方は、リポたんぱく質の分泌を5分の1にまで抑えることが出来ました。

 

善玉コレステロールの合成を促進するパントテン酸も!

コレステロールには、悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあります。
通常コレステロールと言えば、悪玉コレステロールの方を指しています。
善玉コレステロールは、その名の通り身体によい働きをするコレステロールです。
血液中の余分なコレステロールを回収して、肝臓に運ぶ働きがあるのが善玉コレステロールです。
ローヤルゼリーには、この善玉コレステロールの合成を促してくれるパントテン酸が含まれています。
パントテン酸が善玉コレステロールを増やしてくれることで、悪玉コレステロールの上昇を抑制することができます。

 

ローヤルゼリーには、コレステロールが上昇するのを抑える働きがあることが実験で分かっています。
コレステロール値が高めの方にもローヤルゼリーはおすすめです。


このページの先頭へ戻る