ローヤルゼリーと骨粗しょう症の関係

ローヤルゼリーと骨粗しょう症の関係

骨粗しょう症は、骨がもろく折れやすくなってしまう女性に多く見られる骨の病気です。
ローヤルゼリーには、骨粗しょう症の予防にも良いと言われています。
ローヤルゼリーが骨の健康にどのように作用してくれるのでしょう。

 

骨粗しょう症はどんな病気?原因は?

閉経後の50代前後の女性は骨密度が減少してきます。
これは、肌の新陣代謝が年齢とともに衰えいていくように骨の新陣代謝も衰えていくからです。
同時に骨のカルシムが溶け出してくるようになります。
徐々に骨密度が低下していき、骨がもろくなり折れやすくなる骨の病気が骨粗しょう症です。
閉経後の女性に多く見られる骨粗しょう症は、要介護状態のリスクも高めてしまいます。
骨粗しょう症は、加齢による老化が関係しています。
同時に女性ホルモンの分泌量が年齢とともに減少していくことも大きく関係しています。
女性ホルモンの一つであるエストロゲンには、健康な骨を保つ働きがあります。
このエストロゲンの分泌が閉経後にはガクンと減少してしまうので、骨密度を維持するのが難しくなってしまいます。
若い女性でも無理なダイエットにより極度の栄養不足の状態が続けば、骨粗しょう症になる可能性はあります。

 

ローヤルゼリーがホルモンバランスをサポート!

ローヤルゼリーがどのように骨密度を増やすのか、そのメカニズムははっきりとは解明されていません。
しかしラットによる実験では、ローヤルゼリーの投与で骨密度の減少が抑制されることが分かっています。
ローヤルゼリーにはデセン酸と言われるローヤルゼリーにしか含まれない特有の成分があります。
これがエストロゲンと似た働きをしています。
デセン酸によりホルモンバランスが整えられて、骨を形成する働きが促されるのではないかと言われています。

 

カルシウムの吸収を高める作用も!

ローヤルゼリーにはカルシウムも含まれていますし、さらに腸でのカルシウムの吸収を高める働きもあると言われています。

乳製品を食べる事が少ない日本人は、カルシウム不足の人が多いと言われています。
ローヤルゼリーなら、カルシウムをはじめ不足しがちな栄養が豊富で、カルシウムも効率よく摂取できます。
ホルモンバランスのサポートと、骨の元となるカルシウムを効率よく補給するという2つの働きにより骨粗しょう症を予防してくれます。

 

50代以降の女性は、ホルモンの減少などで骨粗しょう症のリスクが高まることは避けられません。
しかし食生活の見直しや適度な運動、そしてローヤルゼリーも若いうちから続けていれば健康な骨が保てるでしょう。


このページの先頭へ戻る