ローヤルゼリーと更年期の関係

ローヤルゼリーと更年期の関係

女性は、40代に入ると風邪をひいたわけではないのに、体のだるさを感じることが多くなります。
顔のほてりや発汗などに悩んでいる方も多いですし、生理不順や不眠、いらいらして怒りっぽいなどの更年期特有の症状が見られる場合があります。
動悸や息切れに悩んでいる方もおられますが、自律神経の乱れが原因だと言われています。
ローヤルゼリーは、女王蜂だけが食べることが出来ますが、糖質やたんぱく質、脂肪などをバランスよく含んでいて、ビタミンやミネラルも60種類以上含まれている大変栄養価の高い健康食品です。
ローヤルゼリーには、自律神経のバランスを整える働きがあるので、更年期の症状を緩和する働きがあります。
女性は、40代や50代に入ると、女性ホルモンの分泌量が減少してくるので、体重増加や性欲減退、性交痛などが見られる場合があります。
ローヤルゼリーは、大変栄養価の高い健康食品なので、更年期の症状に悩まされている方は服用してみてはどうでしょうか。
更年期の症状が辛い場合は、病院に通院をするとホルモン補充療法などの治療も受けられます。
ローヤルゼリーは、医薬品ではないので、副作用の心配もなく、安全性が高いのが特徴になっています。