ローヤルゼリーと更年期の関係

ローヤルゼリーと更年期の関係

ローヤルゼリーは、女性特有の更年期の悩みにも期待できます。
更年期になると、不快な症状に悩まされる女性がたくさんいます。
ローヤルゼリーが、どのような更年期の悩みを改善してくれるのかご紹介します。

 

女性の更年期特有の骨粗しょう症の悩みにアプローチ!

いつまでも若々しく活動的に生活していくためには、丈夫な骨を保てるかがとても重要です。
しかし、女性は年齢を重ねるごとに骨の健康が脅かされることになります。
女性特有の骨の病気に、骨粗しょう症があります。

 

これは骨のカルシウムが溶けて骨密度が減少すると同時に骨の形成スピードが落ちることで、骨がもろく折れやすくなってしまう病気です。
骨粗しょう症によって骨折すれば長期間の寝たきり生活や、あるいや要介護状態になってしまう可能性もあります。

 

どうして骨粗しょう症が更年期の女性特有の病気なのかといえば、女性ホルモンが年齢とともに減少していくからです。
女性ホルモンには丈夫な骨を保ってくれる働きがあるのですが、閉経後にはこの女性ホルモンの分泌量が低下していきます。
ですから骨量も保てなくなるのです。

 

ローヤルゼリーには、骨密度が減少してくのを抑制する働きがあります
ローヤルゼリーにはエストロゲンに似た働きを持つデセン酸や類パチロンという成分が含まれています
これが骨密度を保つのをサポートしてくれます。
また、ローヤルゼリーにはカルシウムの吸収を良くしてくれる働きもあります。

 

更年期特有の肩こりも軽減!

更年期になると肩こりに悩まされる女性も多いですが、ローヤルゼリーには、肩こりを軽減してくれる働きもあります
ローヤルゼリーに含まれているデセン酸とアセチルコリンには、自律神経を整えてくれる働きがあります

 

更年期になると女性ホルモンの乱れから自律神経も乱れ、イライラや緊張が強くなると同時に肩こりも引き起こします。
ローヤルゼリーを摂ることで自律神経が整えられて肩こりが軽減し、ストレスも和らいでいくと期待されています。

 

更年期の辛い冷え性にも!

更年期特有の冷えにもローヤルゼリーが期待できることが分かっています。
ローヤルゼリーには、血行促進作用があるパントテン酸という成分が含まれています
血液の流れが良くなることで、手足の末端の冷えが改善できるのです。
ローヤルゼリーと冷えとの関係を調べる実験でも、ローヤルゼリーの摂取によって手足や腰が温かくなるという結果が得られています。

 

ローヤルゼリーは、更年期障害と言われるさまざまな不快な症状の緩和に役立ってくれます。
更年期の悩みは避けて通ることが出来ませんが、ローヤルゼリーを利用して悩みを軽くしていきたいですね。


このページの先頭へ戻る