ローヤルゼリーと老化予防の関係

ローヤルゼリーと老化予防の関係

年齢を重ねるごとに誰でも身体が衰えていきますが、ローヤルゼリーにはそれを予防してくれる働きが期待されています。
加齢に伴うさまざまな機能の低下をサポートして健康な身体を支える働きが、ローヤルゼリーにあることが研究によって明らかにされていますので、詳しくご紹介します。

 

老化による筋力低下をローヤルゼリーがサポート!

年齢を重ねるごとに筋力も骨密度も低下していきます。
腰痛や肩こり、関節痛などの悩みも深刻になります。
これらの悩みはさらに身体を動かすことを億劫にさせるので、悩みも深刻になるばかりです。
いつまでも健康な身体で活動的に生活するためには、健康な筋力、丈夫な骨が必要になってきます。
しかし加齢に伴い、どんな人でも筋力は低下していきます。
もちろん健康な身体作りのために普段から運動を行っている人は、筋力低下もゆっくりかも知れません。
個人差もありますが、誰でも少なからず筋力が衰えていきます。
さまざまな活動により、筋肉は傷ついていますがそれを修復していく能力が身体には備わっています。
しかしこの能力が年齢とともに低下するので、筋力も次第に低下していきます。
この能力低下をサポートしてくれるのがローヤルゼリーです。

 

ローヤルゼリーがどのように筋肉量に働きかけるのか

ローヤルゼリーを摂取すれば、筋肉量が増えることが研究で分かっています。
ローヤルゼリーの摂取量が多いほどに、筋肉量も増えるのです。
このように筋肉量を増やす働きがあるローヤルゼリーは、アスリートにも注目されています。
筋肉はたんぱく質で作られていますが、このたんぱく質の元になっているのがアミノ酸です。
ローヤルゼリーには体内では合成されない必須アミノ酸も9種類すべて含まれていて、その他に15種類のアミノ酸も含まれています。
バランスよく豊富にアミノ酸を含むローヤルゼリーが、筋肉量を増やし筋力低下を予防してくれます。

 

老化していく細胞を活性化する成分も!

ローヤルゼリーには、細胞を増やす働きが認められているアピシンという成分や、細胞を活性化してくれる類パチロンという成分も含まれています。
類パチロンは若返りホルモンとも呼ばれていて、アピシンと供に老化していく細胞を増やし活性化します。
お肌も活性化されて美肌効果も期待できます。

 

ローヤルゼリーには、筋肉の元になるアミノ酸が豊富に含まれており、これが老化予防に役立ってくれます。
筋力は足腰を支えて健康な生活に欠かせないものですから、若い頃からローヤルゼリーを摂取しておきたいですね。


このページの先頭へ戻る