アルチルコリン

アルチルコリン

アルチルコリンとはローヤルゼリーに含まれる成分の一つです。
副交感神経の働きを正常化させる作用があり、はっきりとしたところまではわかっていませんが花粉症に効くということが現在わかっています。
花粉症の原因は、一定の花粉やそのほかの成分が自律神経の一つである副交感神経を刺激して異常反応することです。
その異常反応の結果、鼻水やくしゃみなどの症状につながります。
その副交感神経の働きを正常化させる作用がこのアルチルコリンにはあるため、花粉症で異常反応した副交感神経を沈静化させ鼻水やくしゃみなどの症状を治める働きがあります。
また、自然界でアルチルコリンが含まれるのはローヤルゼリーにしかないといわれています。


このページの先頭へ戻る