ローヤルゼリーと自律神経失調症の関係

ローヤルゼリーと自律神経失調症の関係

自律神経失調症は、何らかの原因で自律神経の働きが不安定なることによって、心と体に様々な不調が生じる病気ですが、ローヤルゼリーには、この病気の予防・改善に効果的な成分が豊富に含まれています。

 

たとえば、ローヤルゼリーには、アセチルコリンという成分が含まれています。
アセチルコリンは、体内で神経伝達物質としても働く成分で、交感神経と副交感神経をバランスよく働かせるためにも必須の物質です。
自律神経失調症は、ストレスや生活習慣の乱れなどの影響で、こうした神経伝達物質の分泌が不安定になることによっても発症するので、ローヤルゼリーを摂取することで、自律神経失調症を改善する効果が期待できるわけです。

 

一方、自律神経失調症では、血流の悪化や血圧の不安定化、免疫力の低下などが起こりやすいので、体調不良を招きやすくなります。
ローヤルゼリーには、9種類の必須アミノ酸や鉄、カルシウム、亜鉛などのミネラル、エネルギー代謝に必要なビタミンB群など、人間の体調維持に使われる栄養素が豊富に含まれており、滋養強壮効果も高いので、自律神経失調症による体調不良を緩和する効果が期待できます。

 

なお、ローヤルゼリーは、現在では栄養ドリンクやサプリメントなどで手軽に摂取できるので、自律神経失調症にお悩みの方は、こうした食品を利用してローヤルゼリーを摂取してみてもよいでしょう。